« 妹尾ゆふ子『翼の帰る処 下』 | トップページ | 妹尾 ゆふ子『翼の帰る処2 鏡の中の空 上』 »

再読:妹尾ゆふ子『翼の帰る処 下』

妹尾ゆふ子『翼の帰る処 下』(幻冬舎コミックス 幻狼FANTASIA NOVELS ,2008年11月,945円, ISBN978-434481493-6)を再読。
『翼の帰る処 2 上』が届くまでに、復習をしておこうと読み返した。
初読のときの感想は「アリストック: 妹尾ゆふ子『翼の帰る処 下』

翼の帰る処 下 (3) (幻狼FANTASIA NOVELS S 1-2)
翼の帰る処 下 (3) (幻狼FANTASIA NOVELS S 1-2)妹尾 ゆふ子

幻冬舎コミックス 2008-11
売り上げランキング : 18374

おすすめ平均 star
star主人公半死半生で頑張る。
starおっさんが素敵!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以下、ネタバレ全開の感想メモ。

・皇帝の取り次ぎ役が、結構好き。美辞麗句にまみれた文言をさっくり身も蓋もなくまとめるのって、すごく頭がよくないとなれない役目だと思います。
・ジャヤヴァーラに関する話の続きはでてくるんですかね~。なんでも続きが書けるようにめいっぱい伏線を撒いておいたという話だから、でてくるんじゃないかとは思うけれど。
・皇妹の亡夫が気になります。名前だけは何度もでてくるのに、人となりは全然出てこない謎の人。ジェイサルドのじいさまがあんなに入れ込んでいるんだから、きっとかっこいい人に違いない。ヤエトに似てるのかなぁ……。
・皇妹殿下もよくわかんない人ではあります。ルーギンを本当はどう思っているんだろう。嘘はつかないと思うけれど、全てを言うわけでもない人だと思います。
・皇妹の指輪が印象的に描写されているが、あの指輪の意味はなんだろう? 誰に贈られたものなのか。ルーギンか、亡き黒狼公か、それとも他の誰かか。
・皇妹は伝達官を難なく「調整」できるので、伝達官システムがおかしくなってしまった犯人としては皇妹が一番怪しいのだけれど、どうだろう? この人がラスボスじゃないのを祈るばかり。皇女に対する呪いはこの人の予定外の出来事だったような気がする。
・帝国の男女比がとても気になる。旧帝国人の血を引く女性はとても少ないはずなのだ。非戦闘員をぞろぞろ連れてくるわけにはいかないだろうから、皇帝の妃とその侍女たちぐらいしかいないはず。
・新帝国が興ったときに旧帝国からやってきた女性の下限が15歳ぐらい、あとは新帝国ができたあと生まれた子供。となると、ある年齢層の帝国人種の女性はほとんどいないということになる。
・ヤエトがジェイサルド爺からまずい食事を与えられているところは、やっぱりウケる。
・再読でイスヤームの株が急上昇。案外賢い人だったんだ。


(Alisato's 本買い日誌に載せたものですが、感想を募集している作者BLOG 積読山脈造山中: 翼の帰る処(下)へTrackBackが送れないので、こちらにも転載しました)

作者による紹介ページ


|

« 妹尾ゆふ子『翼の帰る処 下』 | トップページ | 妹尾 ゆふ子『翼の帰る処2 鏡の中の空 上』 »